n大石芳野全仕事
カメラを肩に見た世界
 それは、喜怒哀楽と共に私の心を捉えた
トップ頁
主な作品・著作
個展(写真展)
辞書
写真集&エッセイ「隠岐の国 
NO 年月日 タイトル 出版社 価格 ISDN 寸法 備考
8 1984.07.16 隠岐の国 くもん出版 \3,900 4-06314603-0 C0072 262×187×20 クリック
 見知らぬ土地への執着は、心打たれる人との出会いによって生まれることが多い。
 土地に根をはやした暮らしぶりがしみじみと伝わってきたとき、生きた風土が強く感じられる。
 その一つが隠岐の島だ。日本海に浮かぶこの島々を地図で見ただけでも、奥深い何かがありそうなミステリアスな空想にかられるのは私ばかりではないだろう。
 島々を歩きながらいたる所で耳にしたのは、「隠岐の島へござったお人は、みな同じゅうに」 という言葉だった。
 斜めにものを見る風調の濃い都会で生活する私は、初めはよそ者への単なる挨拶として受け取った。が、他人への思いやりが、実は、いかに大切なことかをすぐに知らされた。(大石芳野・あとがきより]抜粋)
   
No タイトル 写真数 掲載頁 特記事項 備考
地図「隠岐諸島」 2 島前[西の島(西ノ島町)/中ノ島(海士町)/知夫里島(知夫村)]
島後[五箇村/布施村/西郷町/都万村]
書きかけ項目
写真集「隠岐の国」
112
5
1 民謡 わらべ歌/どっさり節/祝い唄 めでた節(讃岐海士町)/ヨイヨイ祝い唄
2 鏡の女(エッセイ) 渡酢神社が創建された物語は、龍に囚われた美女の物語から始まった 渡酢神社の伝説
3 山田の白滝姫(エッセイ) 歌比べで娶った姫は、都暮らしから隠岐へ寂しさで瀧に身投げ 白滝の伝説
4 民謡 シュガイナ(盆踊り唄)/盆踊り唄/
5 蟹淵(エッセイ) 大蟹から安長姫を助け、姫からお礼に長寿と裕福を貰う 蟹淵の伝説
6 ねずみの米つき(エッセイ) 隠岐のオムスビコロリン物語、良い爺さんと欲張り爺さんのお話
7 蛇婿(エッセイ) 知夫里島の民話[隠岐島前高校郷土部」より夜這いの婿は蛇だった
8 馬の落し物(エッセイ) 都万村の民話[隠岐島前高校郷土部」より馬のくそを拾った小僧のお話
9 名馬主食(いけずき)(エッセイ) 源平合戦で功を上げた名馬の物語馬の生れは島後西郷町
10 竹伐爺(エッセイ) 知夫里島の民話[隠岐島前高校郷土部」より 花咲爺の竹刈り爺版
11 民謡 キンニヤモニャ(菱浦港の機織唄)/祝い唄 春駒
12 民謡 古調 しゅげさ節/しげさ節
13 河童と八郎淵(エッセイ) 助けられた河童のお礼は日々届けられた海の幸
14 隠岐文化論
隠岐の風土と人びと(座談会)
157 隠岐の不思議な都会感覚/"とまり文化”と離島の悲劇性/郷土の見直しに感動する/喪われていく隠岐の宝/海を「ふるさとの森」に開発ビジョン 対談内容
酒井菫美(島根県立松江工業高校教諭松浦康麿)
松浦康麿(焼火神社宮司 讃岐島前文化財専門員)
野津 大(隠岐島前西ノ島中学校教諭)
山口貞美(隠岐島後布施村前村長)
15 隠岐メモランダム 168 下記参照
16 あとがき 大石芳野 178
協力者:[座談会及び取材:松浦康麿、山口貞美、酒井重美、野津大/取材:岡井耀毅エディトリアル・デザイン:木幡朋介/
くもん出版部長:中城正奏、長谷稔明/図書印刷:吉岡徹也
写真資料提供:隠岐観光協会・西郷町役場・布施村役場・都万村役場・五箇村役場・海士町役場・西ノ島町役場・知夫村役場
・隠岐汽船株式会社・野津 大・岡田印刷株式会社
カバー・写真:大石芳野/装丁・レイアウト:木幡朋介/編集・制作:岡井耀毅/印刷:図書印刷株式会社/くもん出版(公文教育研究センター出版部)
 Wikipediaより 大石芳野  修正:11/03/28 (月) 15:58:42 書きかけ中
隠岐メモランダム
No 件名 備考
01 位置 隠岐の島の位置について 地図 下表参照
02 自然
03 島の歴史
04 海の道
05 島の生活と風俗
06 島民の信仰
07 島の観光
08 流人悲話
協力者:[座談会及び取材:松浦康麿、山口貞美、酒井重美、野津大/
取材:岡井耀毅エディトリアル・デザイン:木幡朋介/くもん出版部長:中城正奏、長谷稔明/図書印刷:吉岡徹也
写真資料提供:隠岐観光協会/西郷町役場/都万村役場/五箇村役場/海士町役場/
西ノ島町役場/知夫村役場/隠岐汽船株式会/野津 大/岡田印刷株式会社
★標記項目/【無】県指定無形文化財
区分 タイトル(Wikipedia) オフィシャルサイト ふりがな 備考
●位置 168
地名 島根県 しまねけん 位置 168 明治14年以降
地名 島根半島 しまねはんとう 位置 168 隠岐の島まで44〜80q
地名 隠岐諸島 おきしょとう 位置 168 火山性の島嶼群、180の小島
総面積343平方キロ
地名 島前 とうぜん 位置 168 1町2村/面積257平方キロ
地名 西の島(西の島町) 西の島町 にしのしま 位置 168
地名 中ノ島(海士町) 海士町 なかのしま(あまちょう) 位置 168
地名 知夫里島(知夫村) 知夫里町 ちぶりじま/ちぶりちょう 位置 168
地名 隠岐の島町(島後)
2004年(平成16年)10月1日、布施村、五箇村、都万村、西郷村と合併した。
隠岐の島町 とうご 位置 168 2町1村/面積244平方キロ
地名 五箇村 ごかむら 位置 168 島後
地名 布施村 ふせむら 位置 168 島後
地名 (著書発行時点では西郷村)西郷町 さいごうむら 位置 168 島後
地名 都万村 つまむら 位置 168 島後
地名 朝鮮半島 ちょうせんはんとう 位置 168
●自然 168
地名 能登火山脈 のとかざんみゃく 自然 168
地名 別府湾 べっぷわん 自然 168
地名 浦郷湾 うらごうわん 自然 168
地名 対馬海流 つしまだんりゅう 自然 168
●島の歴史 168 隠岐の島関係人物一覧
歴史 古事記 こじき 歴史 168
歴史 隠岐之三子島(国産み おきのみつこしま 歴史 168
人名 応神天皇 おうじんてんのう 歴史 168
人名 十挨彦命 とおえひこのみこと 歴史 168 隠岐の国造任命に任命
歴史 隠岐の国造(国造り一覧 おきのくにみやつこ 歴史 168
歴史 国造 くにのみやつこ 歴史 168
歴史 郡司 ぐんじ 歴史 168 代々十挨彦命の末裔継承
人名 柿本躬都良 かきのもとみつら 歴史 168 流人第1号約1300年前
人名 後鳥羽上皇 ごとばじょうこう 歴史 168
人名 後醍醐天皇 ごだいごてんのう 歴史 168
歴史 罪人の配流地(3000人) ざいにんのはいるち 歴史 168 神亀元年(724)遠流の地制定
地名 伊豆 いづ 歴史 168
地名 安房国 あわ 歴史 168
地名 常陸国 ひたち 歴史 168
地名 佐渡国 さど 歴史 168
地名 土佐国 とさ 歴史 168
地名 遠島の地流罪 えんとうのち 歴史 168
人名 聖武天皇 せいむてんのう 歴史 168
人名 徳川綱吉 とくがわつなよし 歴史 168
歴史 廃仏毀釈 はいぶつきしゃく 歴史 168
人名 徳川吉宗 とくがわよしむね 歴史 168
歴史 公事方御定書百箇条 くじがたごじょうがきひゃっかじょう 歴史 168 徳川吉宗・寛保2年(1742)制定
歴史 隠岐騒動廃仏毀釈) おきそうどう 歴史 168 明治元年ー2年
人名 徳川吉宗 とくがわよしむね 歴史 168
人名 柿本躬都良 かきのもとみつら 歴史 168
人名 藤原刷雄(よしお) ふじわらよしの 歴史 168 藤原仲麻呂の6男
人名 源義親 みなもとよしちか 歴史 168 源義家次男
人名 源義家 みなもとのよしいえ 歴史 168
人名 平教頼 たいらのよりのり 歴史 168
人名 佐々木広綱 ささきひろつな 歴史 168 頼朝鎌倉幕府守護地頭制度制定
隠岐の地頭職として赴任
人名 僧文覚 そうもんがく 歴史 168
人名 小倉宮教尊王 おぐらのみやきょうそんおう 歴史 168
人名 飛鳥井少将雅賢=猪熊事件
あすかいしょうしょうまさかた 歴史 168
人名 小野篁 おののたかむら 歴史 168
人名 京極氏 きょうごくし 歴史 168 室町時代以降。地頭職
人名 尼子氏 あまごし 歴史 168 京極氏の次の地頭職
人名 隠岐氏(億岐氏)本姓佐々木氏 おきし 歴史 168
人名 毛利氏 もうりし 歴史 168
人名 堀尾義晴 ほりおよしはる 歴史 168
人名 源頼朝 みなもとのよりとも 歴史 168
歴史 松江藩 まつえはん 歴史 168
歴史 農兵組織★ のうへいそしき 歴史 168
人名 西園寺公望=山陰道鎮撫使、正義党 さいおんじきみもち 歴史 168
歴史 正義党の結成 せいぎとうのけっせい 歴史 168 慶応3年(1867)、神官、庄屋たち
仏閣 大満寺 だいまんじ 歴史 168
歴史 尊王攘夷 そんのうじょうい 歴史 168
仏閣 焼火山雲上寺 たくひざんうんじょうじ 歴史 168
地名 隠岐県 おきけん 歴史 168
地名 大森県 おおもりけん 歴史 168
地名 浜田県 はまだけん 歴史 168
藤原広嗣 ふじさわのひろつぐ 歴史 168
歴史 藤原広嗣の乱 ふじさわのひろつぐらん 歴史 168
人名 藤原田麻呂 ふじわらのたまろ 歴史 168
人名 藤原仲麻呂 ふじわらのなかまろ 歴史 168
人名 小倉宮教尊王 おぐらのみやきょうそんおう 歴史 168
海の道★ 169
地名 隠岐港 いきみなと 海の道 169 寛文年間末(1671)
歴史 阿部勝著「島根民謡風土記」 あべまさるしまねみんぞくふどき 海の道 169 海運の記録
歴史 北前船 きたまえぶね 海の道 169 近世日本の流通経済大動脈
●島の生活と風俗 169
産業 隠岐の島人口推移 おきのしまのじんこうすいい 生活と風俗 169 この項目は書き掛け
産業 スルメ するめ 生活と風俗 169
産業 隠岐杉[【スギ いきすぎ 生活と風俗 169 林業
産業 シイタケ栽培 したけさいばい 生活と風俗 169
産業 イカ釣り漁 いかつりりょう 生活と風俗 169 漁業
産業 サバ さば 生活と風俗 169 漁業
産業 イワシ いわし 生活と風俗 169 漁業
産業 シイラ しいら 生活と風俗 169 漁業
産業 タイ たい 生活と風俗 169 漁業
産業 アゴ(飛び魚) あご 生活と風俗 169 漁業
産業 フグ ふぐ 生活と風俗 169 漁業
産業 ブリ ぶり 生活と風俗 169 漁業
産業 アワビ あわび 生活と風俗 169 漁業
産業 サザエ さざえ 生活と風俗 169 漁業
産業 ノリ のり 生活と風俗 169 漁業
産業 ワカメ わかめ 生活と風俗 169 漁業
産業 林業 りんぎょう 生活と風俗 169 漁業
生活 役前 やくまえ 生活と風俗 169
生活 同族共同祭祀★ どうぞくきょうどうさいき 生活と風俗 169
生活 本祝言 ほんしゅうげん 生活と風俗 170
生活 産屋★ うぶや 生活と風俗 170
生活 ひとしちや ひとしちや 生活と風俗 170
生活 敷居越★ しきりごし 生活と風俗 170
生活 抜祝言 ぬけしゅうげん 生活と風俗 170
生活 出祝言 でしゅうげん 生活と風俗 170
生活 松直し まつなおし 生活と風俗 170
生活 船玉 ふなだま 生活と風俗 170
生活 トシトコさん としとこさん 生活と風俗 170
●島民の信仰 170
神社 延喜式神名帳 えんきしきちょうめいひょう 信仰 170 新羅来寇の危機に際し異国調伏
神社 由良比女神社 由良比女神社 ゆらひめじんじゃ 信仰 170
神社 宇受加命神社 宇受加命神社 うつかのみこと 信仰 170
神社 水若酢命神社 水若酢命神社 みずわかすじんじゃ 信仰 171
神社 伊勢命神社 伊勢命神社 いせのみことじんじゃ 信仰 171
神社 焼火神社 焼火神社 たくひじんじゃ 信仰 171 焼火山頂上にあり重要文化財
地名 焼火山(452m) たくひさん 信仰 171
仏閣 雲上寺 うんじょうじ 信仰 171
仏閣 大満寺山(607m) だいまんじさん 信仰 171
神社 玉若酢命神社 玉若酢命神社 たまわかすのじんじゃ 信仰 171
地方 じかた 信仰 171 本土の事
●島の観光 171
交通 隠岐汽船 おききせん 観光 171 明治16年定期航路
明治28年に隠岐汽船創立
地名 大山隠岐国立公園 たいせんいきこくりつこうえん 観光 171
歴史 飯山古墳(横穴古墳)古墳 いいのやまこふん 観光 171 約70個(大正7年発見)線描壁画
歴史 縄文文化 じょうもんぶんか 観光 171
歴史 黒曜石 こくようせき 観光 171 山陰地方に分布
歴史 石鏃 せきぞく 観光 171 山陰地方に分布やじり=鏃
歴史 石斧 せきふ 観光 171 山陰地方に分布
歴史 須恵器 すえき 観光 171 新羅の強い影響
歴史 蓮華会舞 れんげえまい 観光 171 大陸からの珍しい芸能
歴史 廃仏毀釈 はいぶつきしゃく 観光 171 国分寺の炎上
歴史 花咲家 はなさきけ 観光 171
歴史 れんげえ覚帳 れんげえおぼえちょう 観光 171 池田の花咲家に保存されていた
神社 眠り仏の舞 ねむりぼとけのまい 観光 171 れんげえ覚帳にある
神社 古面(平安から桃山)能面 こめん 観光 171
神社 太平楽 たいへいらく 観光 171 れんげえ覚帳にある
神社 麦焼の舞 むぎやきのまい 観光 171 れんげえ覚帳にある
神社 陵王の舞 りょうおう 観光 171 れんげえ覚帳にある
神社 山神貴徳の舞 やまがみきとくのまい 観光 171 れんげえ覚帳にある
神社 仏の舞 ほとけのまい 観光 171 れんげえ覚帳にある
神社 獅子舞 ししまい 観光 171 れんげえ覚帳にある
神社 蓮華会舞 れんげえまい 観光 171
神社 十方拝礼★田楽 美田尻八幡宮
日吉神社
しゅうはいら 観光 172 隔年毎、9月15日開催
美田尻で休みの年、9月9日
日吉神社田楽【無】 西の島町浦郷 ひよしじんじゃ 観光 172
神社 美田八幡宮-田楽【無】 西の島町美田尻 みたはちまんぐう 観光 172 島前西ノ島町三田尻
神社 庭の舞【無】 にわのまい 観光 172
神社 隠岐三大祭★ おきさんだいまつり 観光 172
神社 岐国一ノ宮
水若酢命神社
おきのくにいちのみや 観光 172 【三大祭】ー隔年5月3日 本祭
神社 水若酢命神社
「御霊会風流」【無】
水若酢命神社 みずわかすじんじゃ 観光 172 【三大祭】ー毎年6月5日
神社 御田植の神事【無】 おたうえのしんじ 観光 172 「御霊会風流」
神社 神幸式【無】 しんこうしき 観光 172 「御霊会風流」
神社 流鏑馬【無】 やぶさめ 観光 172 「御霊会風流」
神社 馬入れ神事【無】 うまいれのしんじ 観光 172 「御霊会風流」
神社 ゴレイ(御霊会)【無】 ごれい 観光 172 御霊信仰疫神・怨霊神
神社 武良祭り(月日祭)【無】 むらまつり 観光 172 隔年10月19日本祭
神社 八王子神社【無】 はちおうじじんじゃ 観光 172 日神と三本足の烏
神社 一之森神社【無】 一之森神社 いちのもりじんじゃ 観光 172 月神と兎
神社 陰陽ドウ(太鼓)【無】 おんみょうどう 観光 172 八王子一之森合同で行う
神社 古風な流鏑馬【無】 こふうなやぶさめ 観光 172 八王子・一之森合同で行う
神社 島後久見伊勢命神社
「久見神楽」【無】
久見神楽 とうごくみいせのみことじんじゃ 観光 172
歴史 億岐家の駅鈴 おくぎけのえきれい 観光 172
人名 十挨彦命 とうえひこのみこと 観光 173 応神天皇野御代〜億岐家の祖先
人名 孝徳天皇 こうとくてんのう 観光 173 駅鈴の制度が出来る
歴史 隠岐国屯倉印 隠岐国屯倉印 おおきのくにとんそういん 観光 173 水若酢神社
観光 牛突き(闘牛)★ 牛突き うしつき 観光 173
歴史 隠岐造り★ おきつくり 観光 173
神社 御火葬塚神★ ごかそうづかがみ 観光 173
仏閣 後鳥羽上皇陵 ごとばじょうこう 観光 173
神社 隠岐神社 おきじんじゃ 観光 173
仏閣 勝田山源福寺
後鳥羽上皇
かつたさんげんぷくじ 観光 173
人名 北条泰時 ほうじょうやすとき 観光 173
人名 北条時房 ほうじょうときひさ 観光 173
人名 北条義時 ほうじょうよしとき 観光 173
人名 土御門上皇 つちみかどじょうこう 観光 173
人名 順徳上皇 じゅんとくじょうこう 観光 173
歴史 承久の乱 しょうきゅうのらん 観光 173
歴史 森屋敷
豪族村上助九郎邸)★
もりやしき 観光 173
神社 美保神社 美保神社 みほじんじゃ 観光 173
人名 小早川隆景
こばやかわたかかげ 観光 173
人名 後醍醐天皇 ごだいごてんのう 観光 173
神社 黒木神社 黒木御所 くろきじんじゃ 観光 174 後醍醐天皇を祀る
人名 天皇山(黒木山) てんおうざん 観光 174
人名 佐々木家(島独特の建築様式)【文】 ささきけ 観光 174 島後西郷町釜にある杉川葺き
人名 佐々木清高隠岐判官) ささききよたか 観光 174 太平記」に讃岐判元の記載あり
歴史 隠州視聴合紀 いしゅうしちょうき 観光 174 「地誌」最古寛文7年
歴史 隠州視聴記 いしゅうしちょうき 観光 174 元禄4年
人名 吉田東伍 よしだとうご 観光 174 歴史学者・地理学者
人名 喜田貞吉 きださだきち 観光 174 歴史学者
地名 隠岐国分の島 おきこくぶのしま 観光 174
仏閣 出雲鰐淵寺 出雲鰐淵寺 いずもがくえんじ 観光 174
歴史 頼源 観光 174
歴史 回天起生の願文 観光 174
仏閣 隠岐国分寺 おきこくぶんじ 観光 174
神社 福河童大明神 ふくかっぱだいみょうじん 観光 174 河童伝説が多い河童を祀る
歴史 唐人屋(松岡家) とうじんや 観光 174 この家に伝わる伝説が著名
音楽 どっきり節 どっきりぶし 観光 174
音楽 北前追分節 きたまえおいわけぶし 観光 174
人名 飛鳥井少将雅賢 あすかいまさかた 観光 174
歴史 後醍醐天皇行在所跡★ ごだいごてんのうあんざいしょあと 観光 174
●景勝海岸 けいしょうかいがん 観光 175 島後最北端の白島群島の海岸
観光 白島群島の海岸
観光 黒島 くろしま 観光 175 島後最北端の白島群島の海岸
観光 大久の海 おおくのうみ 観光 175 島後最北端の白島群島の海岸
観光 油井海岸 ゆいかいがん 観光 175 島後西側那久岬より
観光 浄土が浦(一休和尚命名) じょうどがうら 観光 175 布施
観光 国賀海岸 西ノ島町 くにが 観光 175 島前西ノ島
観光 豆腐岩 西ノ島町 とうふいわ 観光 175 島前西ノ島
観光 摩天崖 西ノ島町摩天崖 まてんがい 観光 175 島前西ノ島
映画「私は貝になりたい)ロケ地
観光 通天橋 西ノ島町通天橋 つうてんばし 観光 175 島前西ノ島
観光 明谷海岸 中ノ島(海士町) あきやかいがん 観光 175 中ノ島北端
観光 三郎岩 中ノ島 さぶろういわ 観光 175 中ノ島北端
観光 菱浦港(港の入口・鏡が浦) 中ノ島 ひしうらこう 観光 175 小泉八雲推奨(菱浦港)
観光 鏡が浦 中ノ島 かがみがうら 観光 175 小泉八雲命名(鏡が浦)
観光 日ノ津〜須賀の海岸線 中ノ島 ひのつからすが 観光 175
観光 赤壁 知夫里島 あかかべ 観光 175 知夫里島
観光 渡津 知夫里島 わたす 観光 175 知夫里島
●奇岩と奇木 きがんときぼく 観光 175
観光 よろい岩 よろいいわ 観光 175 西郷町中村湊東端の岬
観光 とかげ岩(全長30mの巨体) とかげいわ 観光 175 布施村修験霊場
観光 ローソク岩(高さ約20m) ローソク岩 ろーそくいわ 観光 175 五箇村久見湾北側
観光 鉄砲岩 てっぽういわ 観光 176 五箇村久見湾北側
観光 八百杉(樹齢1500年) やおすぎ 観光 176 西郷町玉若酢神社隋神門
観光 かぶら杉(樹齢300年) かぶらすぎ 観光 176 西郷町の県道
観光 乳房杉(樹齢800年) ちぶさすぎ 観光 176 布施村大満寺山麓
観光 黒松(樹齢350年以上) くろまつ 観光 176 布施村春日神社境内
観光 天然杉 てんねんすぎ 観光 176 鷲が峰山中
●流人非話 176
人名 後鳥羽上皇 ごとばじょうこう 流人悲話 176
人名 小野篁 おののたかむら 流人悲話 177
人名 阿古那 あこな 流人悲話 177 都万目の里で小野笙が恋した娘
人名 僧文覚
=文覚上人=盛遠
もんがく 流人悲話 177 袈裟御前
人名 袈裟 けさ 流人悲話 177 遠藤盛遠が人妻袈裟に横恋慕
人名 飛鳥井少将雅賢 あすかいしょうしょうまさかた 流人悲話 177
人名 柿本躬都良 かきのもときびら 流人悲話 177