n大石芳野全仕事
カメラを肩に見た世界
 それは、喜怒哀楽と共に私の心を捉えた
トップ頁
主な作品・著作
個展(写真展)
経歴
辞書
大石芳野フォト&エッセイ「カメラを肩に見た世界
NO 年月日 タイトル 出版社 価格 ISDN 寸法 備考
18 1993.11.20 カメラを肩に見た世界 株式会社労働旬報社 \700 4-8451-0323-0 C0036 190×131×6 クリック
 
No タイトル 写真・文章の内容 掲載頁 写真掲載 特記事項
書掛け項目
01 写真というフィルターをもって−社会との接点 4 2
02 語りはじめた人びと 旧ソ連を訪ねて
行きたくない国だったソ連 12
03 語りはじめた人びと
14 1
04 必要なのははたして食料援助なのか
19
05 ソ連崩壊によって浮上してきた問題
23 1
06 知らされていなかった事実ポル・ポト派による大虐殺   カンボジアの歴史
26
07 ボル・ポト時代への突入
28 1
08 最初にインテリが殺された  31 1
09 監獄のなかのカンボジア人
38
10 カンボジア人と似ている日本人 40 1
11 知らされていなかった大虐殺の事実 45
12 いまもつづくアウシュビッツ 沈黙の結果奪われた命
48 1
13 いまなおつづく強制収容所症候群
52
1
14 知らないことによる差別
    ニューギニア人の生活にふれて見えてきた二と
ニューギニア人の目の輝き
55 1
15 ジャングルのなかの日本兵  58 1
16 ニューギニア人に崇高さを感じて
62 1
17 日本人として向き合わねばならないこと
自分自身ガできる国際貢献を考える  65
18 日本軍の犯した消せない罪1慰安婦問題
68
19 歴史的事実と向かい合う
70
あとガき 76
 Wikipediaより
 カンボジアアンコール・ワットポル・ポト時代クメール・ルージュカンボジア内戦シアヌーク殿下ヴェトナム

 ミャンマーポーランドマニラニューギニアタイリトアニア沖縄モスクワ讃岐タシケントテヘラン
 ホーチーミン市チェルノブイリアフガニスタンバングラデシュブカレスト/ソウルグラナダノースダコタベルリン
 有松広島ガーナ
水俣病エレバン
装丁:鈴木成一/カバー・本文写真:大石芳野/印刷:図書印刷