n大石芳野全仕事
カメラを肩に見た世界
 それは、喜怒哀楽と共に私の心を捉えた
トップ頁
主な作品・著作
個展(写真展)
辞書
大石芳野フォト&エッセイ「小さな草に 
NO 年月日 タイトル 出版社 価格 ISDN 寸法 備考
21 1997.04.01 小さな草に 朝日新聞社 \1,545 4-02-257060-1 C0036 186×135×13
 この小さな本には、タイトルのように野に生えている「小さな草」が強く生きている様相が凝縮されているように思う。
 世界の果ての風物も、人々の環境にあっての生活の深奥心理までもが、1枚の写真と短いエッセイの中に閉じ込められていて、読む人の心を打つ。
 恐らくふやけて怠けた生活をしている日本人に警鐘を鳴らす意味でも、大石さんが実際にその場に居て、見て、聞いて、話して、フィルムの1枚に切り取る瞬間の心の襞を覗いて見たくなる。そこにはメディアから洪水のように流されるくだらない情報や机上論、人の借り物、コピーでない、先祖から脈々と受け継がれたやさしく礼儀正しい人々が描かれているからだ。昔から大石さんの作品を気に入っているのには理由がある。それは、有名でも、高等教育を受けたこともない人々が被写体としてそこにあり、その一枚に出会うだけでその優しさや、何にもめげない強い人々を捉えるカメラアングルがあるのよと語り掛けられているようで、眼を心を開かせられるからだ。
 実や種を刈り、種子が散らからないようにすると草たちは土の中にうねうねと根を張り、次の年には辺り一面、花が咲き実を付ける、茎や葉を刈っても翌年、違う種類の草が生えてくる。 それが、小さな草のエネルギーなのだ。小さな草は大きな草木に隠れていても、毎年、小さな美しい花をつける、
 世界中の密林の中から小さな花を見つけて私たちを開眼させるそのカメラマン・エッセイストの慧眼と冒険心には脱帽である。
(早崎日出太)
 
No タイトル 写真の有無 掲載頁 掲載誌 掲載日 特記事項
01 アラム君 ○アラム君1980/エレバン 6 朝日新聞 1996.04.07
02 絹の輝き ○カンボジア1981/カンボジア内戦 11 朝日新聞
03 心遣い ○ビルマ(ミャンマー)/ミャンマー 16 朝日新聞
04 希望 ○スタシャックさんと妻エルナさん(ポーランド)
ポーランド
21 朝日新聞
05 小さな草に 日本で 27 朝日新聞
06 豊かさって? ○マニラ・少女2人/マニラ 33 朝日新聞
07 どしゃぶり ○シエムばあさん/ヴェトナム 38
朝日新聞
08 母と子 ○ニューギニア・母と子/ニューギニア 43 朝日新聞
09 観光客 ○タイ・物売りの少年/タイ 48 朝日新聞
10 沖縄 ○沖縄・おばあ/沖縄 53 朝日新聞
11 祖国 ○リトアニア・モニカさんリトアニア 58 朝日新聞
12 人違い ○タシケントのコーリアン・母と少年/タシケント 64 朝日新聞
13 忘れな草 モスクワ・エレナさん/モスクワ 70 朝日新聞 勿忘草
14 讃岐の国 ○久一郎さん・つるさん夫妻1978/讃岐 75 朝日新聞 紫陽花
15 スカーフ ○テヘラン・スカーフの女性/テヘラン 81 朝日新聞 ハイビスカス
ガジュマル
16 白いハンカチ ○ホーチーミン市・タムちゃん1995ホーチーミン市 86 朝日新聞 枯葉剤
17 チェルノブエリ・イエメツさん1996
チェルノブイリ
91 朝日新聞
18 白い光 広島・清水ツルコさん1995.08.06広島 97 朝日新聞
19 小さな島 ○広島県大久野島・毒ガス貯蔵庫前の村上初一さん
103 朝日新聞
20 言問橋 ○隅田川・佐久間隆太郎、美代子さん夫妻 109 朝日新聞
21 帰還兵 アフガニスタン・アフガン帰還兵/アフガニスタン 115 朝日新聞
22 笑顔 ○バングラデシュ・少女/バングラデシュ 121 朝日新聞
23 自由 ブカレストの墓地/ブカレス 126 朝日新聞
24 精霊の音 ニューギニア・セビック川、入社儀礼
ニューギニア
132 朝日新聞
25 ケヤキ ○ソウルのチャンさん/ソウル 137 朝日新聞
26 水俣への旅 杉本栄子さん/水俣病 142 書き下ろし
27 地雷の村 カンボジアスーヌ―さんと妻/カンボジア 148 書き下ろし
28 ○ソウル・金郷順さんソウル 154 書き下ろし
29 アルハンブラの思い出 ○グラナダ・ラバを連れた農夫/グラナダ 159 書き下ろし
30 インディアンの祈り ○ノースダコタ・インディアンの家族/ノースダコタ 165 書き下ろし
31 東側のベルリンの壁、夫人がのみを振るう
ベルリン
171 書き下ろし
32 職人芸 愛知県有松・加藤かねさん/有松 176 書き下ろし
33 瞳の奥 ○ガーナのババニ−/ガーナ 181 朝日新聞 1996.09.29
34 あとがき 187 書き下ろし
 Wikipediaより
 カンボジアアンコール・ワットポル・ポト時代クメール・ルージュカンボジア内戦シアヌーク殿下ヴェトナム

 ミャンマーポーランドマニラニューギニアタイリトアニア沖縄モスクワ讃岐タシケントテヘラン
 ホーチーミン市チェルノブイリアフガニスタンバングラデシュブカレスト/ソウルグラナダノースダコタベルリン
 有松広島ガーナ
水俣病エレバン
装丁:鈴木成一/カバー・本文写真:大石芳野/印刷:図書印刷